セクハラ、パワハワの定義と対処法

セクシャル・ハラスメント(セクハラ)とは雇用上の関係において行われる相手の望まない性的行為や性的言動のことをいいます。これらは上司が部下へ、男性が女性へが想定されますが、女性から男性、同性から同性へなどもセクハラに該当します。セクハラには大きく分けてふたつあります。まずひとつは上司などがその地位を利用し相手に性的行為などを要求し部下が拒否したりしたら、その部下が配置転換、減給、降格、さらには解雇などの不利益をこうむる「対価型セクハラ」、もうひとつは身体に触れたり、異性関係や下着の色など聞いてくる性的言動を行う「環境型セクハラ」があります。
パワー・ハラスメント(パワハラ)とは指導と称して職権などを利用し本来の職務を超えて肉体的、精神的苦痛を与え続ける行為のことをいいます。例えば無意味な業務・雑務を長時間命じたり、座席を離れたところに配置させたりなどのほかに、大勢の前で罵声を浴びせたり、無視したり、差別したり、さらには暴行を加えたりと多岐にわたっています。
これらの問題をひとりで解決するのは雇用関係がある以上困難が伴いますので、弁護士などの法律の専門家の協力が不可欠です。相談するだけでも安心感を得られますし、実際に弁護士が加害者に交渉を持ちかけたり、場合によっては慰謝料を請求できたりと法に基づいた解決は被害者にとって大きな力になりえます。